ワンコとzil520とくるま旅

くるま旅の記録です。

キャンピングカーに乗ってびっくり。

6年前のことです。

zilの納車の日。

自宅からビルダーさんへ

夫婦で電車に乗って

いそいそ出掛けました。

ワンコが一緒だと

そのままどっか行けたのになぁーとか

道の駅で初めての車中泊してみたかったなぁーとか

ちょっとだけ帰り道どっかよろうやとか

テンションぐんぐんあげながら

電車に乗ってました。

そして到着。

いろんな説明を受けて

これぜんぶですか?な鍵の束を受け取り

zilと写真を撮ってもらいました。

何年かぶりの夫婦だけの

ツーショトでした( ̄▽ ̄;)

そして出発。

営業さんのお見送りに手を振り

いざっ帰宅。

国道に出るまでに走ってた道で

おそらくビルダーさんへ行かれるだろう

キャブコンと出会いました。

すれ違い様に『え?!』て

夫婦して声に出して

いまのなに?的なことに遭遇。

『手、振ってはったよな』

こちらに向けて手を振ってくれてたのです。

ご夫婦だとおもうのですが

助手席の方とで、にこにこと振ってはった。

キャブコンデビュー数分後の出来事。

まったく知らなかったこの挨拶。

なんやろ

みんなするんかなぁ

次のキャブコンするか確認せなっ

と、わざわざ下道をチョイス。

結局、そのキャブコン1台だけしか

出会わなかったんですけどね。

翌週に友達と三重のキャンプ場へ

納車記念キャンプへ出かけるときの

ドキドキ感。

ふらな~

にこにこしてふらなあかんで~

こうかぁ?

笑顔の苦手な旦那さんは

練習しながら変なヒトになってました。

そして出会ったキャブコンっ

どやろどやろ振ってくれはんのやろかぁっ

と見ていると

めっちゃ遠くから振ってくれたはります。

たぶんこちらを発見した時から…

すれ違い様少し会釈までしてくださいました。

やっぱり振るんや。

挨拶なんやね。

慣れるまでちょっと恥ずかしい挨拶(笑)

いまでわ、積極的に挨拶もできるようになりました。


f:id:zil-520kae:20160922231110j:image

 

でも…

パーキングエリアや道の駅で

隣同士に停めたとき

降りるタイミングが同じで

バッタリ目があうと

いまだにドギマギしながら

こんにちわーとあわわあわわな

挨拶になってしまうわたし。

逆にちょっと挨拶してくるわっと

気になるキャブコン見つけると

ちゃちゃっと声をかけれるようになった

旦那さん。

ちょっとびっくり。

いや

はあ?なくらいびっくりです。