ワンコとzil520とくるま旅

くるま旅の記録です。

キャンピングカーでワンコの居場所。

*1f:id:zil-520kae:20160916125549j:image

 

旅がはじまったばかりは

ワンコが興奮してて

バタバタとするので

クレートとかベッドで待たせますが

道中に休憩をとりながら

旅に慣れてくると

運転席と助手席の間、

サードシート?ていうのですか?

そこへヒトに被さりながら

2頭がくっついて過ごします。

 

夜寝るときは

ほとんどワンコベッドへ入ったり

私たちの寝袋の中にいったり来たり。

乗られると重いですけどねー

 

ワンコとの旅って

ホントに楽しいです♪

わたしたちが楽しそうにしてると

ワンコも楽しげ。

キャンピングカーが来るまでは

こんな風に旅できるて

想像もしてませんでした。

北は青森

南は鹿児島

来年はいよいよ北海道ー

ワンコと行けるのが

楽しみ。

そんな遠くへ車で走って行けると

思わなかったです。

いやぁー

キャンピングカーのオーナーになるとも

思ってませんでした。

 

 

*1:2016.08 zil

キャンピングカーの生活空間

 

ワンコと一緒に旅してて

たまにアクシデントがあるので

シートが汚れたりを

なるだけ避けるのと

ワンコの爪で痛めたりが

少ないようにラグを敷き詰めてます。

zilは黄色がメインカラーだったので

目立たなかったけど

zil520は黒がメイン。

ラグやマットは欠かせません。

 

f:id:zil-520kae:20160914150746j:image

ラグやマット類が好物のわたし(笑)

あれこれ気に入ったのを買っていくと

まとまりのない生活空間になります。

でもこのまとまりのないところが

すごく居心地いいのです。

きっとzil520もごちゃっと混ざる

居心地いいとこになるかもー

 

 

キャンピングカーと出会って納車まで

f:id:zil-520kae:20160912215322j:plain
2009年の春。
キャンピングカーショーで
バンテック社のzilと出会いました。
年内の納車が翌年、
2010年2月に納車になりました。

それまでのわたしたちは
テント泊をたのしんでいました。
キャンプの醍醐味を
アチコチのキャンプ場で味わい。
仲間が増えたり
イベントを開いたり
レディースキャンプ
ファミリーキャンプ
ソロキャンプ
キャンプでいろんな経験をしていました。
楽しかったです。
その頃のことを思い出すと
いまもわくわくします。

毎月2回~3回の1泊キャンプ。
年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み
連休は2泊~4泊、
長くて5泊。
だいたいは同じキャンプ場で過ごします。
それは撤収に時間がかかるという理由。
キャンプアイテムもしっかり持ち込み
使うことも楽しむヒトツでしたから
設営撤収が私たちのキャンプのルーティーンでした。
それもホントに楽しかったのですが
アチコチ移動の旅もしたいねぇということも
ずっと話していました。
でもワンコが2頭いて連泊してとなると
ホテルや旅館を予約したり
費用のことも考えると
やっぱりキャンプ場が楽チンかなぁーとか
さりとてキャンプ場も忙繁期などは
なかなか予約がとりにくく
ゴールデンウィークの予約になると
年末年始明けには急いで電話しないといけない。
当初、主人のリタイヤ後に
キャンピングカーという計画だったのですが
それもいいけど
現役のうちに購入するほうが

そんなこんなで行き着いたのが
キャンピングカーでくるま旅。
それからはトントン拍子に進み
キャンピングカーのディーラー巡りを始めたのが
2009年初め。
春のキャンカーショーで見積もり。
ゴールデンウィーク明けには契約成立。
そして翌年2月に
待ちに待ったキャンピングカー納車。

はじめての旅は東北でした。
大間のマグロを食べに行きました。
車で走れるとこまで走るって
とても楽しいもんだっと思いました。
翌年、東北東日本大震災があり
ゴールデンウィークに東北へ。
忘れられない旅になりました。
東北へは3度旅しました。
去年の夏は竜飛岬で例の歌
歌ってきましたよ♪
6年間で度々訪れたのは鹿児島です。
食べるもの、空気、水、
いろんなものが肌にあう感じです。
住みたいくらい大好きです。
いつか住んでいたいなー♪

来年、主人がリタイヤするので
月単位で北海道まで走る予定になりました。
そこでもう少し快適なくるま旅にしようと
乗り継ぎを考える事になりました。
そう考えると事はどんどん進むんですよね。
あっという間に契約。
当初9月納車でしたが
10月納車に。
待ちわびすぎてつかれもでてきました( ̄▽ ̄;)

あともうちょっと。

そして6年。

たくさんの思い出をくれたzil。
ありがとう♪
出会ったことに感謝して


これからもたくさんの知らない場所へ
運んでくれるzil520と
思い出いっぱい作りたいです。

*1f:id:zil-520kae:20160912210351j:plain

*1:2016*07 美ヶ原高原